2016
04.01
病院の職員

社会福祉士の求人と給料の実際は?よく見ると見るとあまり高収入はないのですが…

求人情報特集

社会福祉士の求人は結構厳しい

社会福祉士は病院で働いたり、介護施設で働きます。そのどちらも求人がありますが、基本的に病院で働く方が高収入になるのではないでしょうか。

なぜなら病院は医療保険から病院にお金が入ってきて給料として出ます。介護施設では介護保険からお金が入ってくるのですが、この介護保険は結構厳しいということです。

そのために介護施設などで働く職員は病院で働く職員よりも給料が低くなってしまうのです。それを考えると、もしも高収入の求人を探すときには、病院関係で探した方がメリットが大きいです。

介護施設で働く社会福祉士

介護施設で働く場合、その社会福祉士は家族と患者のコーディネーターをしたり、もしくは介護保険やケアマネージャーとの連携をはかったり、様々な介護に関する仕事を行います。

介護保険は年々変更されており、その情報収集だけでも大変です。また入居者も順番待ちということも多く、いつも仕事に追われます。

残業も決して少なくないでしょう。しかし給料は余り高くは望めないと言います。しかしそのような老人の入居施設の中で特別なところもあります。

それが会員制の老人入居施設です。入居をするためには多額な資金を払わなければ入居が出来ません。そしてその費用から給料が出されるので、ここで働く場合には高収入が得られるのです。

ただこれらの求人は余り多くないので、常に情報収集は必要ですね。

病院で働く社会福祉士

病院で社会福祉士として働く場合は、病棟にいるということは少なく、社会事業部のような所で勤務をすることが多いのではないでしょうか。

ここで、在宅に向けたのコーディネーターやケアマネなどとの連絡を取り合ったりします。もしも病棟ではなく社会事業部のような部署に配属になった場合は、日勤のみの仕事も多く、夜勤はないけれど、日勤や資格手当がつき、それなりに高収入が得られるようになります。

また土日も休みのところが多くなります。

コメントは利用できません