看護師で求人で高収入を狙うなら夜勤専従がおすすめですのでご一考を

・看護師は楽な仕事ではない
看護師は国家資格であり、病棟勤務であれば日勤も夜勤もある仕事なので、基本給に夜勤手当がついて、その他資格手当や福利厚生にも恵まれて意外にも給料はいいのでは?と思っている人も少なくありません。しかしそれは病院によって大きく異なります。

やはり地方の病院で人件費を下げたい場合は、2交替制勤務を採用し、出来るだけ看護師人数を減らし、人件費削減をしているところもあるのです。そのために看護師の働きはとてもきついところもあり、給料と見合っておらず、不満を持つ人もたくさんいるのです。

・転職を考えるなら高収入の看護師求人を狙う
もしも給料の面で不満があれば、次は高収入の看護師求人を狙いたいと思う人は多いですね。その時にどんなところをポイントに狙うといいのでしょうか。それはまず常勤にするか、非常勤、もしくは派遣という形にするかによって大きく異なります。

看護師の場合は、常勤になると福利厚生などの点で優遇されることも多いですが、実際は委員会や看護研究など時間外の労働時間も増えて大変ということがあるのです。反対に非常勤や派遣という形ではそれらの常勤看護師に求められることはありません。きちんと時間で区切って残業の無い働き方をすることが出来ます。そのために自分のプライベートの時間を確保できるのです。

・高収入の看護師求人とはどんなものがあるの?
ではその中でも高収入の看護師求人はどんなものがあるのでしょうか?それは夜勤専従の看護師です。病院によって2交替制、3交替制と異なるので、夜勤手当が違いますが、2交替制を1回した場合、高収入のところでは3万円を超えることがあります。これを10回こなすと30万円は超えてくるということですね。

給料はしっかりもらえる、しかも常勤のような煩わしさがない、自分の働きたい働き方が出来る。仕事もプライベートも充実させることが出来るのですね。それで高収入を得られる看護師求人の夜勤専従がおすすめです。

1 件のコメント

コメントを残す